飼い方について

鶏本来の姿である「平飼い」

私たちは、「平飼い」で鶏たちを育てています。

「平飼い」は、鶏たちが自由に地面の上を歩き回れるようにした飼い方です。
余分なストレスをかけないようにすることで、卵の質がよくなると考えられています。

自然に近い環境で産まれた「有精卵」

有精卵」は、雄雌一緒に飼われた鶏だけが産む卵です。

私たちは、15羽に1羽の割合で雄鶏を入れています。

雄鶏は雌鶏よりも体がひと回り大きく、きりっとして勇ましい顔つきをしています。
ゲージに私達が入って行くと、雄鶏は時として雌鶏を守ろうと立ち向かってきます。
これも本来の姿なのでしょう。